WEB MARKETING CASE STUDY小さな力で大きな成果を

CASE STUDY #04 :注文件数1.3倍、CPA20%低減

注文件数、CPAが頭打ちの状態にある中、分析を正確にできる状態にするため、Google Analytics のEコマース設定などの環境整備、CV拡大のため、リマーケティング広告、ショッピングリスト広告などを展開し、CV拡大、CPA低下を実現しました。

業種
通信販売
目的
販売
達成期間
3ヶ月
目標
CV数1.2倍、CPA現状維持
支援内容
リスティング広告、ログ環境整備、LP分析・設計、定期レポート

POINT 01短期間での状況把握

運用しながら成功法則の模索
過去に運用されていたデータやレポートなどがない中、初月より一定の成果を求められる状況でした。主力商品を中心にリスティング広告で効率よくCVを獲るベースを約2週間で見つけ、その後肉づけをしながら運用することでCPAを守り、CV拡大をはかれました。

POINT 02分析環境の整備

Google Analytics の整備、Eコマース機能の設定
これまでの運用から、ウェブサイト全体に15種類のタグが設置されており、不要なタグや、タグの管理などがなされていない状況でした。タグマネージャーを導入し、不要なタグを整備し、Eコマース機能の追加と共に正確に全てを把握できる状態にログ環境を整備しました。

POINT 03広告バリエーションの拡大

全体の費用対効果を見ながら広告媒体の追加
それまでキーワード広告と一部リマーケティング広告のみ運用されていたものに加え、サーチターゲティングや動的リマーケティング、商品リスト広告など、それぞれのCVとCPA、全体でのパフォーマンスを最大化させるために広告バリエーションを拡大させました。